誰も真似したいとは思わない世界 | 恋愛について(現実世界)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近出会ったとある女性のこと(4)

前回までの3回に渡ってとある女性とのある日のやりとりを記述したが、彼女と上手くいかなかった理由はどこにあるのだろうか。

この点をよく考えておくことは今後のためにも重要である。

単純に「彼女が金目当てだったから」とか「任天堂3DSを要求してきたから」とだけ結論づけてしまってはならない。

単にその点だけが問題なのであれば、3DSを買ってあげるという解決法もあったはずである。

そもそも私はそれほど「彼女が悪い!」と考えているわけではない。

そうしなかったのはなぜかという点を考えておく必要がある。

私はこの原因は「尽くす」ということの理解の差にあったと考えている。

思うに、デートなどで「尽くす」というのは、我侭を聞いてあげる的な「精神的奉仕」と欲しい物を買ってあげる、デート代を払う的な「金銭的奉仕」という両面があると考えられる。

私を含む多くの人にとってこの「精神的奉仕」と「金銭的奉仕」は無制限に行われるものではない。

「精神的奉仕」と「金銭的奉仕」については一定の上限値があり、上限を超えた場合はもう一方の側の奉仕を減らす事を求めるわけである。

(もちろんどちらか一方が限界値を超えた段階で見切りをつける方も多いと思う。むしろこちらが多数派だろうか?)

例えば、相手から通常(自らがデート等で当然行うものと考えている「負担」)レベル以上の「金銭的奉仕」を要求される場合は「精神的奉仕」の量を減らし、相手方にそれを引き受ける事(多少の我侭を聞いてもらうなど)を相手に求めるのであり(要するに誠意を見せろということ)、逆に私に通常以上の「精神的奉仕」を求める場合は直接金銭を要求することはないにしても負担額を見直すということくらいはあり得るかもしれない(私ならこの場合は全額負担はあり得ない)。

つまり「精神的奉仕」と「金銭的奉仕」は愛情に比例して一定の数値までは増加していくのだろうが、ある一定の数値まで行くとそこで頭打ちになり、その後は「精神的奉仕」と「金銭的奉仕」の割合の組み換えがおこるだけであると思うのある。

したがって私の場合、マンションとか車になると「精神的奉仕」の数値をゼロにしてもカバーできない金額となり、買うという選択肢はないということになる。

しかし今回買って欲しいと言われたのはマンションや車ではなく任天堂3DSであるから、「精神的奉仕」の度合いを下げれば買ってあげる可能性は十分あった。

ではなぜ買わなかったのか。

それは私と彼女が考える「尽くす」に含まれる「金銭的奉仕」と「精神的奉仕」の限界値があまりに違いすぎたということが大きな原因であった。

私の場合、任天堂3DSを買うことは付き合っていて誕生日や何らかの記念日にプレゼントとしてあげるならともかく、付き合ってもおらずしかもまだ2回しか会ったことがない彼女に無条件でそれを買ってあげる気にはならなかった。

今回のケースでは、私の中で食事代や飲み代、ホテル代を払うことは「金銭的奉仕」に含まれていたが、任天堂3DSを買ってあげることは「金銭的奉仕」の限界をこえていたわけであり、その要求をかなえるためには彼女の「精神的奉仕」指数を増やしてもらう必要があった。

しかし、彼女から言わせれば私の「尽くす」行為は上限値になど全く達しておらず、まだまだ余裕があったのだろう。

もちろんご馳走してもらって感謝の言葉1つないといった人間性の面を問題視することはできようが、彼女の立場からすれば、まだ私になにか通常以上の「尽くす」行為をする必要性はそれほどなかったのだと思う。

ただし、彼女が何もしなかったと解することができるかは微妙なところで、例えば彼女の立場からすれば「手作りの和菓子を持参する」という行為が「尽くす」行為に該当すると解することができるかもしれない。

しかし、私にとってはこの行為は手作りで多少の工夫がみられるとはいえ、仕事の合間に1箱余分につくるというものであったから、純粋に「精神的奉仕」とは考えられなかったし、むしろ物質的(「金銭的」というのは若干不適当な気がするので・・・)な「尽くす」行為のように思えた。

その場合、私が任天堂3DSという金銭的奉仕に対して求める精神的奉仕の要件を満たしておらず、それこそ食事代、飲み代の金銭的奉仕に対する不満を和らげるような効果は果たしたかもしれないが、任天堂3DSの対価とまでは到底評価できるものではなかったのである。

あるいは彼女が私のような人間とホテルへ行った事を「精神的奉仕」と解することもできるかもしれない。

しかしこれはもはや援助交際の次元の話であり、私にはそのような契約関係になる意思は全くない以上、これを対価とすることは正直あり得ないはなしである。

この両者の認識の違いがそう簡単に埋まるはずがない。

そう考えると、今回彼女との関係構築に失敗したのはどちらか一方の不手際というよりは、むしろ必然のなりゆきだった気がするのである。


(おわり)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最近であったとある女性のこと(3)

彼女からそんな衝撃的な言葉をきいたとき、僕は何を考えていたのだろうか。

まず3DSというあたりが妙に現実感があふれていたことを覚えている。

これがマンションや車であれば完全にギャグで済ませられるのだが、なんとも微妙な金額である。

財布をこっそりと確認してみたが、支払い自体はじゅうぶん可能であった。

しかし結論から言ってしまうと買ってあげることはなかった。

買わなかった理由は次回詳述することとしたい(単純に高いという問題ではない)。

僕が眠っていたのは実質3時間もなかったと思う。

新宿で飲むときと同じで一定の警戒は怠らないといったところであろうか。

余談だが僕はこういう場合はかなり警戒するタイプであり、お金を財布から抜かれた場合等も想定しお金も何箇所かに分けて(修学旅行みたいだね)持つぐらいのことはしている。

朝はミスタードーナッツで軽く食べた。

『今日はどこに行きたい?』ときくと、

『ビックカメラがいい』と冗談とも本気ともつかぬ答えが帰ってきた。

僕はもうできるだけ出費を抑えつつ乗り切るということに主眼をおいていたから、それをやんわりとかわし、カラオケ等でごまかそうと思っていた。

しかし彼女はそれを見抜いていた。

カラオケ店は朝方までやっているが、開店時刻は意外と遅かったりする。

近くのカラオケ店に行くにしても1時間程待たなければならなかった。

これまでの記事を読んだ人は想像できるだろうが、彼女は1時間気楽に待つようなタイプではない。

彼女はこれ以上要求しても3DSが手に入ることはないと悟ったようで駅の方へ歩いていった。

僕は最初彼女がなにがしたいのかよくわからなかった。

彼女は切符を買い、僕の方を見ることもなく改札を通って駅の中へと入っていった。

一言ぐらいなにか言ってくれてもいいのにと腹立たしい気持ちは当然あったが、僕は慌てて切符を買って中に入った。

彼女の住んでいる場所を考えるとこの電車かなと検討をつけて乗り場に急いだ。

案の定彼女はその電車の中にいた。

僕は彼女に声をかけようと思った。

でも自らの不手際を謝る気にはどうしてもなれなかった。

電車の中でもめるのもあれだし、そもそもそうまでして引きとめる気にもならなかった。

僕は『もう帰るの?』とだけ尋ねた。

彼女は何も言わず頷いた。

僕は『気をつけてね』と言ったあとその電車を降りた。

ドラマと違って彼女が見ているはずのない電車が出発するのを見送ったあと、帰宅するために向かい側に停車している電車に乗り込んだ。

帰宅した後、寝不足だった僕はすぐに眠りについた。

どれくらい経ったであろうか。

眼が覚めた僕は空腹であったためなにか食べ物はないかと周囲を見渡した。

あいにく普段自炊など一切しない家の冷蔵庫にはお腹がふくれそうな食べ物は見当たらなかった。

いや、正確には一つだけあった。

前回の記事で登場した彼女お手製の和菓子である。

あまり乗り気がしなかったが、それでもつくった人間はともかくお菓子自体には罪はないと思い食べることにした。

食べ物の味というのはその時の感情によって大きく左右されるものである。

同じ箱に入ったお菓子だが、彼女にもらってすぐに一個味見して食べた時の味とはまったく違うような気がした。

『甘くておいしい』だけでは片付けられない、なんだか複雑な味がした。


(もう少し続く)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

最近出会ったとある女性のこと(2)

彼女と会う日。

彼女は仕事があったから、待ち合わせ時間は夜であった。

したがって、昼間にどこかへ遊びに行くようなデートのエスコートのやり方ではなく、むしろ同伴をやるようなエスコートが求められる。

まずは食事であるが、その前に和菓子をもらった。

彼女は現在和菓子職人であるが、休憩時間等を利用してつくってくれたのだという。

生地からラッピングに至るまでオリジナルだそうだ。

デートで御菓子をもらった経験は一応あるが、さすがはプロといったところで、今回ほどのクオリティーのものは初めてであった。

まず最初にご飯を食べることにした。

彼女にどういうものが食べたいかときくと、お洒落な居酒屋がいいという答えが返ってきた。

正直その答えは予想していなかったが、それでも行きつけの店が近くにあったので案内することができた。

店に入った私は彼女に『好きなものを頼んだらいいよ』と言った。

すると彼女はまずふぐを頼んだ。

それなりに値段がはるから、頼む前に一言相談してくれてもいいのにとも若干思ったが、『何でも頼んだらいい』といった手前特に反論しなかった。

その後馬刺、刺身と続き、日本酒も飲んだ。

彼女は奢られ慣れているようで、当然僕が全額支払うものだと考えていたようだ。

僕は食事代については当初から全額支払うつもりではいたから、最終的には全額支払った。

次にバーへ行くことにした。

前回彼女と出会ったバーとはまた別のバーである。

行く道中で彼女は煙草を買った。

最近は男性であっても煙草を吸っている姿が格好いいという感覚をもつ人は少数派でありむしろよく思わない人が多いと思うが、私は基本的に人物評価を行う際に喫煙の習慣の有無を評価ポイントとはしていない(加点対象でも減点対象でもない)。

したがって彼女が煙草を吸うことを知ったからといて幻滅することはなかった。

まあ私の飲み友達諸氏は男女問わず喫煙することも少なからず影響していると思われる。

ちなみにここでも私は彼女に千円札を一枚渡すはめになった。

バーに着いてからはお互い前回ほどは飲まなかったように思う。

日付がかわったころであろうか。

話の流れでホテルに行くことになった。

正確には前回も誘われたのであるが、『もう今日はかなり飲んでいるから・・・』と回避していた。

前回はそこまでは完全に想定外であったため、下手な言い訳をしていたのであるが、さすがに今回はその展開も想定していたので特に断ることはなかった。

岡山市内のホテルに行くのははじめてであり、少々不安もあった。

といっても、あれだけいろんなところで飲んでいることからも想像がつくと思うが、この手のことがはじめてというわけではない。

その後の展開などが不安なのではなく、システム等が理解できるかどうかが不安だったのである。

(これまではこの手のホテルではなく、ビジネスホテルよりもワンランクかツーランク上のホテルに泊まることが多かった)

入ってみるとホテルでは従業員と顔を合わせることもなくパネルを操作して部屋に入った。

まあ少々戸惑うところもあって、彼女に一部操作してもらった。

部屋に入ってからの話はあまり特筆するようなことはない。

その手のことをあまり赤裸々には書きたくないという感覚もあり、省略させていただく。

特殊なことはやっていないとだけ言っておこう。

やることをやって一段落したあと、ベッドで横になっていたとき、彼女がふいに僕を抱きしめつつこう言った。

『あのね、一つお願いがあるの』と。

その時僕はいろんな意味で疲れていたが、それでも『どうしたの?』と聞き返した。

すると彼女は言った。

『あのね、わたし任天堂3DSがほしいの』

と。

全く予想していなかった内容であり(読者の方でもこのタイミングでこの展開は予想できないだろう)、その衝撃は筆舌に尽くしがたいものであった。

(続く)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

最近出会ったとある女性のこと(1)

平日のある日、市内のとあるバーで、私はマスターと話をしながら酒を飲んでいた。

その時私以外は客がいなかったので、キャバクラかなんかのホームページで女性の写真をみながらどういう系統の人が好みかという話を2人でしていた。

その際私がある女性指差したのであるが、その時のマスターさんは若干驚いた様子であった。

そしてこう続けた。

「え?この人?結構似た人がたまに店にくるよ」と。

しかも紹介してくれるという。

その時の私は意気揚々と家に帰ったと記憶している。

数日後マスターさんから連絡がきた。

週末に来るとのことであったから、私も万難を排して店に行くことにした。

店に行くと彼女は既に店にきていた。

写真そのままというわけではなかったが、いい意味で裏切られたという感じであった。

その時舞い上がっていた私はモエを1本あけてその場にいたお客さん全員にご馳走したほどである。

外見はもちろん会話もはずむ。

その日は店をかえて朝まで飲んだ。

連絡先を交換し、次の日からメールのラリーがはじまった。

そして一週間後、再び会おうとなり、岡山駅に集合することにした。

こうなってくると上手くいくかもしれないという可能性も考え始めるものである。

しかし、私には一つの懸念があった。

それは彼女が夜の仕事をしていると思われたことである。

誤解を招きそうなのでもう少し補足しておく。

私は彼女がそうした職業に就いていること自体を問題としているのではない。

私が疑念を抱いていたのは彼女の言動が新規顧客開拓の一環であるのかというところにある。

月1回~2カ月に1回程度のペースで新宿等で飲んでいる私は、色恋営業の怖さは彼らの「武勇伝」をきいてよく知っているつもりである。

私は彼女に夜のお仕事をやっている人独特の雰囲気を感じ、どうも「素人」だとは思えなかった。

また、私のルックスからして雑誌のモデル経験もあるレベルのルックをもつ彼女がまともでは相手にしないだろうという感覚もあった。

しかしメールのやりとりをしているうちにこうした疑念はだんだんと抱かなくなってくる。

要するに「色恋でここまでやるか?」という感情を持ち始めるのである。

しかしその一方で「枕営業なんて言葉もあるし・・・」なんて感情も依然として残る。

そこで私は親しい飲み友達諸氏に相談することにした。

飲み友達諸は現在は経営者等であるが、かつて夜のお仕事をしていた人も多い。

したがってこの手のことを相談するには適任である。

そもそもかつて実際にやっていたことなのだから・・・。

結論から言ってしまうと、手放しで喜んでくれた人は1人もいなかった。

彼らの意見は大別すると次の2つであった。

(1)金目当ての公算が強く、たまに一緒に飲んだり、一夜限りの関係としては成立しても恋愛はあり得ない。

(2)100%金目当てでやっているというわけではなく、付き合うことはできそうだが、交際にあたっては相当の資金が必要である(食事代等は当然ながらプレゼント代などもかなりかかるかも)。

両者の意見はある1点の解釈を除いて大差ない。

それは私が彼女とはじめて会った際にシャンパンを開けたという点にある。

前者はこれを見て金払いがいいと感じて近づいてきたのだと解すのに対し、後者は「私のためにシャンパンをあけてくれた」とある程度嬉しく思っている(打算だけでは片付けられない)と解するところに両者の意見に差があるのである。

逆に相当金がかかる恋愛をやろうとしているという点では飲み友達諸氏の見解は一致していたのであった。

また総じて『やめておいた方がいい』という結論でも一致していた。

(2)の意見をくれた人の中にも、『相手はかなりの上級者なのであなたにはまだ早すぎる(彼女のペースにひきこまれてしまう)』という主旨の補足意見をくれた人もいた。

ただ『もう会うな!』とは誰も言わなかった。

一度会っただけでは正確に判断できないこと、『何事も経験だ』という感覚に加え、若干おもしろがっているのかもしれなかった。

結果的にその後私は彼女に会うことになるが、彼らに予め相談していたおかげでその日が楽しみではあったことは変わらなかったが、相談する前ほど舞い上がってはおらず、やけに冷静になっていたことだけは覚えている。

そうこうする内に彼女に会う日がやってきた。

(続く)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

美しき愛の一形態について

岡大の友人某氏が付き合い始めたとき、私はよくその仲の良い様子をみて「ハネムーン期間だ」と言っていた。

残念ながらそのカップルは別れてしまったが、今回は私の友人(関西学院)で一番うまくいっているカップルの事例を本人に掲載の許可を得たので、載せてみることにしよう。

年齢制限をかけなければならないような話もあるが、不快に思われる人もいるだろうから、そのような話はブログには載せないことにする。

(こういう話をすると「最近は女性もそういう話が好きな人が多いですよ」とある女性が言っていた。私は信じたくないのだが・・・。)

このカップルについて、本人が特定されない程度に紹介しておく。

二人は中学時代の同級生である。高校は別々であったが、バイト先が偶然同じであったことから二人は再開し、その後付き合うようになる。

デートやキスやそれ以上のことについては掲載許可をえていないので、(結構ロマンチックな話があるが)書かない。

今回は現在進行形の話で、私が感銘をうけた事例を挙げてみようと思う。

先日友人の彼女の母親が何らかの事情で、手首を骨折した。

それで友人は、彼女の家へ行っていろいろとお手伝いをしている。

具体的には、買い物や料理の手伝いからごみだしまでやっているそうだ。


彼女の家の話とはいえ、よくここまでやれるなと思う。

彼は「当然じゃない?」と言っているが、なかなか出来ないことだと思う。

彼はもともと顔も性格もよく、その気になればいつでも彼女をつくれるような人であったが(特に中学時代は相当モテていた)、これには頭が下がる。

こうしたこともあり、彼らの関係は深まるばかりとなっている。

付き合ってから半年ぐらいたつが、いまだにハネムーン期間が続いているようだ。

メールのやり取りをしていても、それが伝わってくる。

どうしてこのような関係が維持できるのだろうかと考えてみた。

いろいろあるだろうが、その要因の1つには、やはり女性の側が積極的であったことが挙げられると思う。

告白にしても、初キスにしても、それ以上のことについても彼女の側からの積極的なアプローチがあったことが男性の側をその気にさせたようだ。

現に本人もそれが大きかったと言っている。

しかしながら、絶妙だと思うのは、いくら積極的であるといっても、告白を含め基本的に誘うのは男性側であるということである。

積極的なアプローチにより、男性側の不安を軽減しながらも、いざというときのセリフは男性に言わせることで、男性側の面子もたてる。

見事なものである。


話を戻そう。

先ほど挙げた事例の中で彼はこうした手伝いを「当然のこと」だと言っていた。
しかし、彼女の周りの人は決してそうは思っていないだろう。

そういったことができるからこそ、以前の彼氏とは口をきかなかった彼女の両親(特に父親)にも認められているのではないかと思う。

ちなみに、いくら彼女のためとはいえ、毎日やってるとさすがに疲れないの?と聞いてみた。

それに対する彼の返答は「お手伝いでもなんでもいいから、彼女といたい」というものであった。

いやはや、「愛」の力というのは大したものだ。

彼の体験を聞き、「自分も将来そんなふうに思える人に巡りあえるのだろうか」とワイングラス片手に考えている今日この頃である。

※ランキングに参加している。気が向いたらクリックしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。