誰も真似したいとは思わない世界 | 日々の出来事、経験談など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「視聴者参加型」番組のこと

テレビをみていると、近年「視聴者参加型」番組が急激に増えた印象をうける。

視聴者が番組に参加すること自体はそれほど悪いことだとは思わないけれど、私は最近増えた、ニュース番組内で、ツイッター等で「視聴者のみなさまからのご意見をおよせください」というコーナーが大嫌いである。

この手のコーナーではツイッター等でその番組のタグをつける等して投稿すると、運がよければそれがテレビ画面の下部に表示されるようなものが一般的だが、私にとってはあの画面下部に表示されるつぶやきが視聴の邪魔で仕方がない。

どうしてこんなにイライラするのだろうかと考えてみると、大きく2つの原因があるのだと思われた。

まず、あのつぶやきコーナーから「得るものがない」ということである。

念のために言っておくが、私はツイッターのつぶやきを軽視しているわけではない。

当初はたかだか140字程度で何が言えるのかと思ったこともあったが、他人のつぶやきを見るとなかなか140字で含蓄のある言葉がつぶやかれていることもあり、感心することも少なくない。

しかし、それは「自由に」つぶやかれているからこそのものであると思う。

テレビの「視聴者参加型」番組の投稿は所詮製作者サイドによって「検閲」された見せかけの「視聴者参加」である。

正直言ってあたりさわりのないつぶやきばかりである。

勿論この「検閲」は製作者側にとって必要な作業であることは疑いない。

放送事故にあたるような意見は視聴者のためにも予め除外しておく必要がある。

「検閲」を経たとしても、バラエティー番組なんかはまだ楽しめる。

ツイッターからの投稿ではないが、NHKのケータイ大喜利なんかは視聴者参加型の番組で成功した番組だと思う。

もちろん視聴者からの投稿は「審査」を経たものが紹介されるのだが、自分の考えつかないような答えが紹介されるたびに、楽しませてもらっている。

一方「真面目な」番組になると、「投稿」の内容は実につまらないものとなる。

賛成意見と反対意見をみても、内容は所詮どこかできいたような意見ばかりで新たな知見を得たりすることはまずない。

もう一つは自分自身であれこれ考える際に気が散るということがあると思われる。

専門家の意見などをきいているときにテレビの下部にツイッターの投稿内容が流れてくることが少なくないが、あれは私にとっては邪魔以外のなにものでもない。

先ほど述べた、「大したつぶやきがない」ということに加え、特にニュース番組や専門家の討論番組等は、視聴しながらあれこれ考えたいというのに、気が散ってしょうがない。

私の集中力が足りないというのも多分にあるのだろうが、それにしても邪魔だ。

といっても、多くの人間に支持されているからこそ(視聴率をかせげるからこそ)、この手のコーナーが設けられるという事情もあることもまた事実であろう。

せめてつぶやきコーナーは副音声みたいな機能にして、みたくない人は画面から消せるような設定にしてくれないかなと思ったりする今日この頃である。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

『いい国つくろう鎌倉幕府』のこと

繁華街のバーできれいなお兄さんやお姉さんと飲んでいるとき、「歴史の研究をしています」と話したときにキャストや近くにいた他のお客さんから聞かれる質問でもっとも多い質問はなんだと想像されるであろうか。

『戦国と幕末がブームだから・・・』とそのあたりから質問を考える方も少なくないであろうが、意外とその時代についても質問は少ない。

本能寺の変に関する質問が若干ある程度である。

圧倒的に多いのは、『鎌倉幕府の成立って「いい国つくろう」じゃないんですよね?』という質問である。

もう8割以上を占めているといっても過言ではない。

ちなみに次に多い質問は『歴史上の人物で最も好きな人物は誰か?』というものである。

いわゆる『いい国』の質問をされた時には、内心『またか・・・』と思いながらも、『1192年は源頼朝が征夷大将軍になった年であって・・・』と説明をはじめる。

鎌倉幕府の成立をどこに求めるかという点は色々と議論がある問題ではあるが、ここではその点には深く立ち入らない。

私が気になるのは、『なぜこの質問が多いのだろうか?』という点である。

詳しい統計をとったわけではないから推測に過ぎないわけだが、恐らく中高生に『あなたの好きな時代はどこですか?』と問えば、恐らく戦国時代あたりがあたるのではないかと私は推測する。

幕末の時期等がトップにくる可能性も完全には否定できないけれど、少なくとも鎌倉時代がトップにくることはないと思われる。

では、なぜ他時代に比してそこまで関心が高いわけでもなさそうな鎌倉時代の質問がこれほど多いのだろうか。

これはひとえに例の『いい国つくろう』の語呂合わせが原因であると思う。

第一にこの語呂合わせは、非常にわかり易く、共通のものである点が大きい。

通常では、歴史上の出来事を語呂合わせにする場合、参考書によって様々である。

全く違うとまではいわなくても、語尾や細かな表現が異なっていることも多い。

しかし、『いい国つくろう鎌倉幕府』はかつてどの参考書でも使われるほど一般的な地位を得た語呂合わせであったと思う。

しかも、単に『用語を覚えるだけ』の語呂合わせと異なり、比較的鎌倉幕府成立に結びつきすいものであったことも大きい(まあ、語呂合わせは本来そういうつくり方をするものなのだろうけど)。

とはいえ、それは『かつて』の話である。

私が高校時代に使っていた山川の教科書にはそのような記述はされていなかったし、中学時代の教科書についても同様であったと思う。

私より年下の方々ならなおさら教科書等で目にする機会はなかったはずである。

事実冒頭で触れたお兄さんお姉さんに尋ねても、そのような記述はなかったという。

ではなぜこの語呂合わせの事情を彼らは知っているのだろうか。

語呂合わせ自体は今でも使われてる参考書があるのかもしれないが、私は最も大きな要因は教師が教えるからなのだと思う。

要するに『先生の頃はいい国つくろう鎌倉幕府って覚えてたんだけどさ、最近どうも違うみたいなんだよ』的な説明である。

私も聞いた覚えがあるし、聞いたことがある読者の方も多いのではないかと思う。

教育内容として必要かどうかはともかく、先生方にとっても身近な語呂合わせで、かつ『いい国つくろう』の見直しが印象に残っているのだろうと思う。

そしてそれをきいた生徒たちが同様の知識を人に話すことになる。

このような流れが続いている限り、『いい国つくろう鎌倉幕府』という語呂合わせは、鎌倉幕府の成立が1192年であるとはもはや考えなくなった現在においても、そしてこれからもしばらくは『日本史の最も有名な語呂合わせ』の地位を保持し続けるに違いない。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

セーラービーナスのこと

ちょっと参照したい本があったので院生室から研究室に行ってみると、後輩達がセーラームーンの話で盛り上がっていた。

下敷きかなにかを見ながらキャラクターのエピソードなどを語っていたのであるが、私は最初彼女らの言動を気にもとめてはいなかった。

お目当ての本を探し出し、院生室に戻ろうと彼女らの後ろを通ったとき『昔そんなアニメもあったなあ』というある種の懐かしさもあってちょっとその下敷きを見ていると、後輩にセーラームーンを知っているのかと聞かれ、『20年位前に流行っていた気がする』とこたえた。

セーラームーンの変身後の名前は惑星の名前がついていることが多いから(初期だけなのかな?)、一応名前は想像がつくのであるが、変身前の名前などはさっぱりわからない。

そのため後輩に「月野うさぎがこのセーラームーンで、水野亜美がこのセーラーマーキュリーで・・・」と教えてもらっていたのだが、その時私はふいに「セーラービーナスはどれか?」と彼女に問うた。

彼女は「これです」と指差す先をみた私は「この人がねえ・・・」と若干感慨深い気持ちになった。

あまりにも突然だったから若干不審に思ったかもしれない。

あるいは美少女オタクではないかと思われたかもしれない。

その場で彼女に説明するのも面倒だったが、かといって誤解を招いてもいけないので簡単に思い出話を語っておいた。

今回はその話を記事にしてみたいと思う。

正直言って私はセーラームーンのストーリーをよく知らない。

初期のキャラクターなら画像を見れば一応「いた」ことは認識できるが、正確な名前などは覚えていない。

これは忘れてしまったのではなく、はじめから記憶していないのだと思う。

ではなぜ「セーラービーナス」の名前が咄嗟にでてきたのかといえば、約20年ほど前に遡って説明を加えなければならない。

当時の私は保育園児であった。

あまり記憶はないが外で元気に遊ぶ一般的な保育園児であったと思う。

しかし、毎日外で遊べるかといったらそうとは限らない。

雨の日は勿論、晴れていても何らかの事情で「今日は教室で遊びましょう」という日もある。

そんな時何をして遊ぶか。

外で遊ぶ時と違い男女一緒に遊ぶことが多かったから、本を読んだりおままごとをしたりすることもあっただろうけど、当時はセーラームーンごっこが大流行であった。

セーラームーンで男キャラといえばタキシード仮面くらいしかいない。

当然男の子の間でその役の争奪戦となるが、じゃんけんで勝てる確率はそう高くない。

私もその役をやった記憶はあまりないが、なぜかセーラービーナス役をやっていた記憶が残っている。

女の子に聞いて変身のポーズまで完璧であったはずである(笑)

しかし、当時はパソコンもそれほど普及していなかったから気軽に調べることもできず、姿も知らない「セーラービーナス」を演じていたことになる。

実家には当時の写真が引き伸ばされたもの中にそのような写真が残っているが、恐らく両親は○○レンジャーの真似をしているとでも思っているのだろう。

とはいえこの手のブームは一過性のものであり、幼稚園にあがるころにはもうその手の遊びはやらなくなっていた。

したがってその後セーラービーナスが何者であるかなど考えることは全くなかったのであるが、約20年後の今になって思わぬ形で現物を知ることになったわけである。

ただし、wikipedia等でキャラクターの詳細な設定を参照する限り、どうもこのキャラクターが好きで演じていたとは思えない。

今回の件で当時の私について何かがわかったということではないが、とりあえずあのころは純粋だったなあというエピソードを発掘することだけはできた。

まあ、だからなんだって話なんだけどね(笑)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

新宿での忘年会

前回の記事で二次会以降の飲み会の話は次回にまわすと書いた。

通常なら次の記事を書くまでにだいぶ日数がたってしまうこともあるが、来年に積み残したくないということもあり、2日連続の更新となった。

まず、1点報告をしておく。

前々回の記事で夜職への復帰を相談された話を書いたが、彼は復帰をやめたそうだ。

よかったと言ってしまってもよいのか疑問であるが、とりあえず安心した。

『それは彼の健康のためか?あなたとの関係後退を防げたからか?』と質問されそうだが、彼の健康のためだと一応信じておきたい。

さて本題に戻ろう。

今回の飲み会は2~5次会まで行われたが、全てを詳細に書くと長くなるので、印象に残ったことをいくつか書くにとどめたい。


(2次会)

新宿某所で行った。

盛り上がったが、通常より若干盛り上がりに欠けたように思う。

理由は大きく2つある。

1つ目は1次会の関係である。

別に幹事のせいではないが、1次会で酒を飲まずに真面目に今年の反省をやったため、若干その雰囲気をひきずったということはあったと思う。

(酒を飲まずに真面目な話ができるメンバーだったのだとはじめて知った(笑))

2つ目はキャストの関係である。

前日までは新宿ではクリスマスパーティーが行われている店が多くここも例外ではなかった。

パーティー後ということでさすがに疲れがあったのではないかと思う。

とはいえ後半になると勢いを取り戻した。

特に『LOVEどっきゅん』という曲をこの歌詞の舞台で皆で歌ったことは印象に残っている。


(3次会)

ここからは普段よく利用するバーで行った。

3次会で印象に残っているのは、カラオケの採点ゲームでの対戦である。

バーの店子さんとカラオケの採点機能を使って点数を競い、私が勝てば店からテキーラをサービス、負ければ自腹でテキーラを飲むというものである。

私は以前の記事でも何度か取り上げたとおり採点ゲームである程度点数をとる術は心得ているから自腹でテキーラを飲むことにはならなかった。

『ただ酒を飲めてラッキーではないか』

と思われるかもしれないが、問題はこのゲームのルールにある。

たしかに金を払わなくてよかったとしても、私は勝ち負けに関係なくテキーラを飲むことになるのである。

何回対戦したか覚えていないけどただ酒だと調子に乗ってけっこうな回数勝負していたことは間違いない。


(4次会)

うって変わってわりと静かな雰囲気で飲んでいた。

しかし馬鹿な私は(飲み友達にも言われた)3次会でのテキーラゲームの話を店でしてしまい、「おもしろそうじゃん。うちでもやろう?」ということになり、再びテキーラゲームに巻き込まれるのである。

歴史好きなお客さんと歴史について語り合うこともできた。


(5次会)

はじまった時点で既に5時30分頃だったこともあり、睡魔と酔いと必死にたたかっていた。

あまり飲んだという記憶もないし、何をしゃべったのかもあまり覚えていない。

もう6次会に参加する気力はみな残っておらず(私以外はひょっとするとまだ余力があったかもしれないが)、解散となった。



今回もそうだったが、最近では私が初対面だと思っていたお客さんが「どこそこの店で一緒だった」などで私の事を知っていたり、飲み友達が私のことをどこかで話していた結果「あなたが、彼が言っていた・・・」的な形でお話しすることも少なくない。

しかし私が新宿で飲み始めたのは例の実験を除けばまだ約1年しかたっていない。

私はそこまでコミュニケーション能力に長けているわけではないことを考えると、これはひとえに飲み友達諸氏のおかげである。

本当にいつもありがとう!

そして来年もどうぞよろしく!

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

例のカツカレーのお味

先日新宿の飲み友達諸氏と飲み会があった。

普段なら夜11時頃から新宿で飲み始めて朝方まで飲むのであるが、今回は『忘年会』ということで普段とは若干変わった飲み会であった。

まず一次会はホテルニューオータニのレストランSATSUKIで行われた。

DCIM0369_convert_20121230002931.jpg

総裁選前に安倍さんが食べたというカツカレーを食べ、コーヒーを飲みながら今年一年の反省を一人一人語るというものであった。

カレーの画像をアップできればよかったのであるが、サービス料をとるような店であり、周囲の客や一緒に食べているメンバーの目を考えると撮影することはできなかった。

まあこのカツカレーについてはネット上に多数アップされているからそちらを参照していただきたい。

一応食べた証拠としてレシートをアップしておこうと思う。

DCIM0371_convert_20121230003055.jpg

個人的にはこの値段であればまた食べてもいいかなと思っている。

いくつか理由があるがまず挙げたいのがこのカツカレーの量である。

高級レストランだとおいしいことは間違いないとしても、量が少なくて食べた気がしないということがある。

しかし、このカツカレーはけっこう量があり、例えば少食な女性の方などは食べきれないこともあるのではないかと思う。

余計な御世話だが安倍さんはよく完食したなと思ってしまった。

私も当初はたぶんカツカレーだけではお腹がいっぱいにはならないだろうから、そのあと新宿のフードバーに行くかバーでピザでも注文することになるのだろうと予想したのだが、そんな心配は全くなかった。

したがって量的にはカツカレーだけも十分満腹になるので、カツカレーだけでも十分満足できる。

個人的にはサラダくらいはつけてもいいかもしれないと思ったが、それを足しても極端に高額な食事とはならないであろう。

このカレーを食べたことで安倍さんが一部から批判されたようだが、個人的には全く問題ない範囲ではないかと思う。

だいたいこの手の批判する人たちは安倍さんがこのとき吉野家で牛丼を食べていたら逆にその庶民っぽさを『偽善』と評したりするものである。

次にカツの話を書こうと思う。

多少差があるのかもしれないが、私が食べたカレーは大きめのカツが4切れのっていた。

この4切れを多いとみるか少ないとみるかは様々な意見があろうが、私はそれほど少ないとは感じなかった(かといって多いとも思わなかったけど)。

肉質はなかなかのものであり、実にやわらかい。

普通のカツカレーのカツをかまずに飲み込むと確実にのどにつまらせることになるが、この肉は本当に飲み込むとまずいかもしれないが、意識してかまなくてもすりつぶされていくような柔らかさであった。

サービスがしっかりしていることなどは言うまでもない。

私のような若者がこの手の場所へ行くと一部の学生から批判されることがあるが、私は逆にこういうことは若いうちから経験しておくべきことだと思う。

以前帝国ホテルでご馳走していただいたことがあったが、あの時の私は本当にひどかった。

別にマナー違反をやったとかではないが、間違いをおかさぬように相手の食べ方を真似しながら食べるなど実に情けない状態であった。

(家族以外と食事する場合、普段以上に気になるものである)

またサービス料をとるような店で食事することはほとんどないから、どうもあの雰囲気にのまれていたようにも思う。

見知った友人との食事ならともかく接待やデートでこれでは致命的である。

この雰囲気に慣れるためにはある程度経験が必要であることは言うまでもないことであり、頻繁に利用すると私は財政破綻してしまうが、たまには将来への投資として、あるいは自分へのご褒美としてこういう場所で食事するのも悪くないと思うのである。


(飲み会の話は次回にまわすことにする)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。