誰も真似したいとは思わない世界 | 2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのボウリング&カラオケ

現在加古川の実家にいる。

今日は久しぶりにボーリングに行ってきた。

マイボールやマイシューズが実家に置いてあるため岡山ではほとんど行く機会がなかった。

そのためこの前いったのがいつであったのか忘れてしまうくらい長い間行っていなかった。

そういうわけで今回新しい眼鏡を眼鏡屋さんにとりにいったついでによってみたのだが(まあ眼鏡屋さんにボールを持って行っている時点で行く気まんまんなわけであるが)、案の定スコアが伸びない。

数年ぶりにスコアシートに「G」をつける失態までやらかした。

スコアシートは以下の通り。

2012022823450001.jpg

久しぶりだったからと言い訳することもできるが、防げたミスも多かったように思う。

そういえば卒業式の前日にボウリング大会をやる計画があるが、「勝てたらゲーム代を奢ってあげる」という趣旨の発言をしたような気がするので、もう少し点数をとれるようにしておきたい。

別に最初から誰にも奢る気はないというわけではないが、だからといってほぼ全員のゲーム代を支払うことになってはたまらない。

また練習しに行きたいと思う。

その後カラオケにいった。

いつものようにランキングバトルで採点しながら歌った。

本日のベスト3は以下の通り。

1位 浜崎あゆみ Dearest
2012022818330000.jpg

2位 Lia 夏影
2012022818190000.jpg

3位 保志総一朗 TOMORROW
2012022819580000.jpg

96点以上をとったのは数年ぶりのことであり、ブログを始めて以降でははじめてである。

それは結構なことなのだが、最近高得点の曲を並べても同じ曲ばかりがランクインしており正直新鮮味がない。

そういえば一昨日の「お試しかっ!」でランキングバトルで全国1位から10位をとる企画をやっていた。

今度私も挑戦してみることにしようと思う。

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

(参加記)第八回近笑会100キロウォーク(1)

かなり遅くなってしまったが、2月11日―12日に行われた近笑会100キロウォークの話を書こうと思う。

基本的にツイッタ―の内容とあまりかわらないが、ブログでは画像も掲載しながら記述するつもりである。

このウォーキングは、昼の12時に姫路城をスタートし翌日の12時までに大阪城までの100キロを歩くイベントである。

スタート会場につくと既に多くの参加者が集まっていた。

2012021111060002.jpg

受付を済ませ、開会式までしばし休憩。

2012021111070000.jpg

参加者は292人。

今年は小中学生の姿はみあたらなかったが、それでも大学生から90近い方(89だったかな)まで幅広い年齢層からの参加があった。

その後開会式があり、12時にスタート。

足が痛くなる前に距離を稼ごうと先頭集団にくらいつく。

国道2号線を歩き、その後明姫幹線を歩く。

このあたりは多少ツイッタ―を更新しているが立ち止まって写真を撮ったりはしなかった(そんなことをやっているとたちまち先頭集団から振り落とされてしまう)。

20キロ地点まではトップで歩いた。

ここまでは時速8.5キロペースで歩いた。

しかし、加古川市をぬけたあたりで首位から転落し、ここからはややペースを落として歩くことになる。

2012021116160000.jpg


写真は明姫幹線内を歩行中に撮影したもの。

明石市内であったと思う。

その後明姫幹線をぬけて再び国道2号線へ。

しばらく歩いて明石駅前で夕食を食べた。

普段なら無理して歩いていたであろうが、今回は突発性難聴の薬を飲まなければならない関係もあって、店内で食べた。

夕食を食べて再びあるきはじめたころにはもうすっかり日が暮れていた。

明石駅から舞子公園チェックポイントhまでは明石海峡大橋を右手にみながら歩く。

2012022420260000.jpg

舞子公園チェックポイントに到着したのは7時すぎであった。

ここまで約45キロ。

ということはここまでは夕食の時間を考えると大体時速7キロくらいで歩いたことになる。

しかしこの先の舞子公園―須磨間でかなりペースが落ちてしまった。

原因はよくわからないが、恐らくペースが近い誰かについていかず、マイペースで歩きすぎたことが原因の1つであろう。

須磨ではミスタードーナッツでドーナッツを食べた。

その後もあまりペースはあがらずゆっくりと歩く。

時速5キロくらいであったのではないかと思う。

あと夜になると寒さという敵とも戦わなければならない。

2012021122410000.jpg

画像は長田区内の様子。

この看板によると、この時の気温は4℃であった。

このあたりは阪神高速の高架下を歩くが、結構寒くて力が出ない。

そこでマクドナルドに入り、熱いコーヒーを飲みながらしばらく休憩した。

休憩後はペースが6キロくらいには回復し、また快調に歩き続けた。

その後、例の「これから寸借詐欺の話をしよう」の舞台を通り過ぎ(詳細は2011年4月3日の記事を参照)、三宮駅に到着した。

ここで20分程休憩し、出発するときにはもう日付がかわろうとしていた。

三宮から大阪城公園までは約35キロであるが、正直ここからがしんどいところである。

2012021200250000.jpg

この画像は灘区を歩いている際に撮影したものだったと思う。

もう終電もなくなりリタイアすることもできなくなった。

足が痛いがひたすら歩くしかない。

(続く)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

卒業論文口頭試問と追い出しコンパ

昨日は卒業論文の口頭試問があった。

誰も関心がないとは思うが卒業論文の章立てを下に記しておく。

『上野国新田荘の成立過程についての一考察―上野国司と院近臣に注目して―』
はじめに
第一章 先行研究の整理と本稿の課題
第一節 先行研究の整理
第二節 本稿の課題
第二章 天仁元年浅間山噴火
第一節 浅間山噴火以前の上野国
第二節 浅間山噴火
第三節 上野国司の対応
第四節 朝廷の対応
第三章 院政期の上野国司
 第一節 白河院政期の上野国司
 第二節 鳥羽院政期の上野国司
 第三節 上野国司と新田氏の関係
第四章 藤原家成主導の御願寺領荘園の特徴
 第一節 御願寺領荘園立荘における藤原家成の立場
 第二節 藤原家成と在地勢力
第五章 新田荘の成立過程
おわりに

とるにたらない内容であるから、それ以上立ち入ることはしない。

先生方の質問は基本的に史料解釈をめぐる話が多かった。

1人あたり試問の時間は40分あるが、結局予定時間をオーバーし1時間近くかかった。

批判もたくさんいただいたが、それは今後生かしていきたいと思う。

その夜は追い出しコンパがあった。

卒業生・修了生は指導教官の近くに座ることになっており、先生のいろんな話を聞いた。

当然歴史の話が多いが、それ以外にも様々な内容の話をした。

先生の口から「初音ミク」とか「萌え系」という言葉がでてきたときは正直驚いた。

1次会、2次会でもっとも目立っていた(いじられていた)のはしゅんぴさんであった。

その具体的な内容についてはしゅんぴさんのツイッターにそのうちアップされることになるだろう(たぶん)。

今年は卒業生・修了生が多かったため1次会がかなり長かった(卒業生・修了生のあいさつの関係)。

そのため2次会が終わった時点で日付が変わってしまっていた。

3次会の飲み会も行われたようだが、正直もう疲れたし寝不足(口頭試問が気になって前日は寝ていなかった)だったので、3次会はパスしてタクシーをひろって家に帰り、さっさと寝た。

全体を通して卒業論文からの開放感もあって普段とは違った同回生の姿をみることができ、なかなかおもしろい飲み会であった。

研究室に限らずこれからこうした飲み会が増えるが、卒業後はなかなか会えなくなる人も多いので、そうした行事にはできるかぎり参加したいと思う。

読者のみなさまへ

いつも訪問してくださってありがとうございます。

今回読者のみなさまに一点お願いがあります。

私が普段書いている記事はとるにたらない内容ではありますが、無断転載は絶対に行わないようにお願いいたします。

今まで改めて言わなくても大丈夫だと思っていたのですが、前々回の記事「新宿での飲み会(2)」が他のブログでそのまま転載されているのをみかけましたので、今回注意喚起を行う次第です。

しかも、今回発見したサイトは単なる転載ではなく、タイトルと本文を数行いじって自分の経験であるかのように改変しており、悪質といわざるを得ません。

転載されているサイトの方は即削除してくださるようよろしくお願いします。

今回はいつも訪問してくださっている読者の皆様には不快な内容であったことと思います。

誠に申し訳ありませんでした。

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

第25回瀬戸内・倉敷ツーデーマーチのご案内

100キロウォークを終えた私が次に参加する予定なのは第25回瀬戸内・倉敷ツーデーマーチである。

詳細や申し込みについてはホームページをご覧いただきたい。

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=1939

私は今年も2日間40キロ×2日参加する予定である。

40キロコースは大体以下のようなコースを歩く。

1日目

倉敷市役所→美観地区→倉敷マスカットスタジアム→庄小学校→吉備津神社→備中国分寺→きびじアリーナ→横溝正史疎開宅→大池ふるさと公園→マービーふれあいセンター

2日目

倉敷市役所→薩戸寺→熊野神社→五流尊瀧院→稗田公園→児島市民交流センター→下津井公民館→鷲羽山ビジターセンター→岡山漁連ふゅーちゃー

興味がある方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

40キロコース以外にも20キロ、10キロ、5キロコースがあります。

ことしは第25回の記念大会ということでいろんな意味で豪華だそうです。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

新宿での飲み会(2)

新宿二丁目での二次会は前回(12月)と同じ店で行った。

私が上着を忘れてきた店である。

この店では基本的に飲みながらカラオケで盛り上がるというよくある飲み会であった。

浜崎あゆみやKAT-TUN、中島みゆき、赤西仁など以前も歌った歌に加えて、今回はV6や西野カナなども歌った。

SexyZoneなんかも歌ったが(歌うことになるかなと思い予め練習はしていた)、どうも歌詞が合わない気がした。

なんというか、自分の年齢とルックスではついていけない気がした。

まあいつも通り楽しめたからいいが・・・。

今回一番盛り上がった話は料理についての話であった。

普段どんな料理をつくっているか、恋人ができれば料理はつくって欲しい派かつくってあげたい派かという内容が中心であった。

皆かなりの収入があるにも関わらず、仕事が休みの日などはつくることもあるそうだ。

お菓子なんかもつくれるらしい。

まあホストなんかは手作りの料理で客をひっぱったりするのだろう。

S氏も店で誕生日会なんかをやる際にはつくるといっていた。

店で誕生日会をやるなら今日はなんなの?と聞いてみると、「店用の誕生日と本当の誕生日があって・・・」とのこと。

店の誕生日会は月末にあるそうだ。

さて、S氏もK氏もバーの皆さんも、料理をつくるとなると、私も「実は全くつくれなくて・・・、包丁も何年も握ったことがなくて・・・」とはとても言えない。

私とS氏のやりとりを下に記しておこう。

大体こんな感じだったと思う(普段の私の料理のできなさを知っている人にとっては殴ってやりたくなる内容です)。

Y「Sくんは普段自炊してるの?」

S「してますよ。毎日とはいかないですけど。たまにお菓子もつくりますよ。ちなみにユウキさんって普段は料理とかつくるんですか?」

Y「まあ、大学の食堂で食べることが多いけど、簡単なものならつくれるよ」

私と面識がある人ならこの時点で殴ってやりたくなったかもしれないが、辛抱してお付き合いください。

S「どんなものがつくれるんですか?」

Y「簡単なもので恥ずかしいんだけど、カレーとか炒飯とかぐらいなら・・・、あとはステーキを焼いたり・・・。お菓子はつくったことがないなあ」

酒のせいかとんでもない嘘をついてしまった。

実際には包丁などここ数年握ったことがないし、その時も鍋の材料を切っただけである。

しかし、神様はこの後こんな私に天罰?をくだすことになる。

S「あんまり自炊とかやらないと思ってましたけど、結構やれるじゃないですか。なら今度つくってくださいよ?」

Y「(え・・・。)まあ・・・、機会があればつくってあげるけどねえ・・・」

またいつかということでこの話は終わると思っていたが甘かった。

S氏がこの店のマスターさんに余計な?ことを言ったのだ。

S「マスター、ユウキさんの料理食べてみたくないですか?」

M「ユウキくん料理できるの?僕も食べてみたいなあ」

Y「いや・・・、でも岡山に住んでいるから・・・。作ってくるというのも・・・。」
(なんかまずい展開ではないか・・・。)

そしてマスターのとどめの一言。

M「そうだ。ユウキくん5月にくるんでしょ?なら、台所使っていいからつくってよ?」

※5月に東京で行われるウォーキングイベントに参加する予定(まだ確定ではない)。

S「それがいいですね。」

K「いいね。」

Y「いや・・・、店の業務に支障をきたすと思うので・・・」

(断ってくれ・・・。)

M「大丈夫だよ。なんなら開店前にやる?炒飯とかならお通しとしても使えるかもしれないしね」

これはまずい・・・、非常にまずい・・・。

単につくるだけならともかく(それも大変だが)、人に食べてもらうレベルのものをつくるなんて・・・。

しかもレシピをみながらつくることもできないだろう。

大変なことになった。

いや、まだ2ヶ月ある。

絶対にマスターしてやる!

というわけで私は自炊をはじめます(炒飯限定)。

その後5時頃まで飲んだが、偶然にもその日は我々以外に客はおらず、貸切状態であった。

私は前回いれは鏡月がなくなったので今回ワインを一本入れた。

彼らにとっては安物ワインで恐縮だが、楽しく飲んでいただけてよかった。

基本的にワインはあけたら飲みきるものだと思うから、全部飲みきってしまいたかったが、みなだいぶ飲んでいたので半分くらい残ってしまった。

とっておいてくれるというが、一度あけたワインは1ヶ月ももたないだろう。

今度からは時間帯を考えて注文したいと思う。

下の画像は朝5時頃の新宿二丁目の様子。

2012020705140000.jpg

2012020705160000.jpg


平日でかつ雨だったので人通りは少ない。

私以外はみな新宿駅から電車に乗るそうなので、新宿駅まで歩く。

新宿駅で彼らを見送り、私はホテルに戻った。

こうして、大変な課題を抱え込むことになった新宿での飲み会は終了したのであった。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

義理チョコくらいはもらえたかな・・・。

別にバレンタインデーの成果報告をするわけではない。

読者の皆さんの中にもバレンタインデーでチョコレート送ったり、もらったりしている人は多いのだろうが、私はそんなイベントには背をむけて大学病院へ行ってきた。

毎度おなじみの突発性難聴の治療である。

聴力検査の結果は以下の通り。

2012021418350000.jpg

前回と比べるとそれなりに改善しているようにも見える。

特に横軸で「2000」と表示されているレベルの高さの聞こえ具合の数値が正常値に戻った。

それ以上高い音(4000、8000)についてはまだ正常値とはいえないが、「4000」についても、前回より15dBほど回復している。

あまり数値に一喜一憂してもいけないのであるが、医者の話でも少し回復しているようである。

実は今回の聴力検査、私はかなり期待していた。

完治とはいえないまでも、耳の調子がよくなっていることを実感していたためかなりよい数値がでることを期待していたのである。

その割りにはあまり回復してはいなかったが・・・。

言い訳をしておくと、朝ごはんを食べずに行ったため、検査中にお腹がなったのと赤ちゃんの泣き声がきこえたことで聴力検査のボタンを押すのが遅れたときがあり、実際はもう少しよかったのではないかと反省?している。

そうそう、今回医師に聞いてみたことが1つある。

それは、よく「突発性難聴で・・・」というと、ストレスが原因といわれることが多いがあれは本当かという点である。

どうもこれは本当らしい。

ストレスをためない生活を送ることは不可能だが、気をつけておきたい。

先ほど述べたように、今回はかなり回復しているという感覚であったから、今日は「今年はある意味最高のバレンタインデーであった」という結びで記事を終えるつもりだったが、そこまで劇的な回復ではなかったので、「まあ義理チョコくらいはもらえたかな」という結びで記事を終えておくことにしよう。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

献本が届いた

ナカニシヤ出版から献本が届いた。

清水亮・橋本勝編『学生・職員と創る大学教育』という本である。

2012021320240000.jpg

2012021320230001.jpg

私も執筆させていただいたので、今回1冊いただいた。

まだ発売前であるから、あまり内容に立ち入ることは出来ないのであるが、表紙をみて内容に興味をもった人や、あの意味不明なユウキがどんなものを書いたんだと思った人は、よかったらお買い求めください。

まあ、買わなくても大学図書館には入ると思われますので、私に謝礼が入るのが許せないという人は図書館ででも読んでみてください。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

今日は第八回近笑会100キロウォーク

いよいよ今日は近笑会の100キロウォークの日である。

12時に姫路城をスタートしてゴールである大阪城公園を目指す。

詳細はツイッターで実況する予定であるので、気が向いたらご覧ください(後日ブログにも記事をアップする予定です)。

なお、前半に距離を稼ぐタイプであるため最初はつぶやきが少ないと思われます。

要するにつぶやきが増えてきた=ペースが落ちてきたと捉えていただいて結構です(笑)。

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

新宿での飲み会(1)

※私は新宿で飲む際の名前は本名の「ユウキ」ではなく、S氏につけてもらった名前(ニックネーム)を使っているが、いろいろな名前がでてくるとややこしいのでブログに書くときは「ユウキ」と表記しておく。

一次会は新宿歌舞伎町にあるバーで行った。

歌舞伎町にあるといってもキャバクラではない。

ママさんがいて何人かホステス?さんがいる感じのバーである。

落ち着いた雰囲気であり、はしゃぎたい人にはあまり向かない印象をうける。

客層も30代~40代が多かったと思う。

ボックス席ではなくカウンターで飲んだ。

まずは今日集まったS氏、K氏とビールで乾杯(S氏は例の「実験」でお世話になったS氏、K氏は12月24日の記事で登場したK氏)。

忘れないうちにと、マルイで買ってきた品をS氏に渡しておいた。

安物で悪いなとは思ったが、とりあえず喜んではくれた。

後に身に付けた写真を送ってくれたから、とりあえず未開封のまま売られるという事態は避けられたと思われる。

最初の方は世間話が中心であった。

卒業論文が無事出せてよかったよかったという話や、例の本はいつでるんだという話、S氏の所属するバンドのライブの話、K氏の成人式の話などをした。

その後なぜかメイドと執事の話で盛り上がった。

早い話がメイドや執事を雇うためにはどのくらい金がかかるかという話である。

K氏が執事養成学校の話をしていたが、私はどうもそんなものがあるとは信じられなかったので話し半分に聞いていたのだが、後で調べてみると本当にあるようだ(日本にはない)。

K氏には少し悪いことをしてしまった。

大体このあたりまでは3人で会話していたと思う。

そうそう、カウンターで飲んでいた客(30代だと思う)が酒を注文した際、「○○(酒名)の愛情割り」と言っていた。

その後「ユウキさんもなにか飲む?」と聞かれた私は「じゃあ僕も同じやつで」と言っていた。

そんなことを普通に言っていたことが少し恐ろしかった。

まあ、愛情割りといっても実態はジュースで割っただけであり、なにか特別なカクテルというわけではなかった。

そういえば私は酎ハイを飲んだことがないのであるが、酎ハイもこういう味なのだろうか。

その後ホステスさんを交えたトークとしては、どこからが浮気か?というテーマで話をした。

ちなみに4人の見解は以下の通り。

私 手を繋ぐ
S 肉体関係(一度目もアウト)
K 肉体関係(一度目はセーフ)
(K)(ホステスさん?イニシャルがK氏とかぶるため、便宜上括弧をつけておく) キス

であった。

こうやってみると都会の人は開放的だなと思われるかもしれないが、これにはちゃんと理由がある。

3人の基準には「色恋営業が必要とされる仕事であっても」という前提がついている。

要するに相手が好きでなくても相手が色濃い営業を必要とする仕事の場合、色恋営業でキスぐらいまではやむなしというスタンスなのだ。

したがって付き合った相手が一般人であれば話は変わってくるのである。

逆に私の場合、そういった色恋営業が必要とされる仕事の人と付き合った場合、どこまで許せるかと聞かれた。

まあ、私の場合、そういった人とはおそらく付き合わないというのが前提としてあると思う。

別にそういった仕事が悪いといっているわけではない。

ただ、そうした人はルックスが非常によい場合が多いわけであり、そんな人物が私のような人間を選ぶとは考えられない。

したがって、基本的に私にはその前提はあまり必要ではないのである。

あと単に一緒に飲みに行くにも、そこで原則お金が動かない(全額は奢らない)というのが前提条件である。

よく恋愛でお金の貸し借りはNGということがいわれる。

私は当初この意味がよくわからなかった。

相手が困っていたら資金援助をすることも場合によってはありではないかと思っていた。

しかし、例の実験以来新宿で時々飲むようになるとこの意味を痛感している。

特に私とS氏のように最初にお金が動いた関係だとこの点は顕著である。

もしこれからお金の話を持ち出されると、こうした気楽な飲み友達のような関係は一瞬で崩れてしまうだろう。

こんな飲み友達のような関係でさえそうなのだから、恋人関係についてもそうしたお金の話がでてくると両者の関係がおかしくなるんだろうなということは容易に想像できる。

さて、そんな感じで飲んでいたのだが、そろそろ二次会の店に行こうということで移動することになった。

ちょうどいい時間であったこともあったが、結構しつこく高級ワインを勧めてきたのでうんざりしたことも大きかった。

誤解のないようにいっておくが、別にカクテル一杯で長時間粘ったりしていたわけではない。

それなりの額は使っていたが、おそらくこの店の給与システムが歩合制であったため店員さんが高級なワインをしつこくすすめてきた。

もう少し自然な流れですすめることはできないのか?そんな話をしながら3人で二次会の店へ向かったのであった。



※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

中島みゆき夜会「2/2」二度目の鑑賞記

中島みゆきの夜会「2/2」を鑑賞してきた。

大阪公演の初日である。

思いがけず高等教育関係で知り合った大学教授にチケットをいただいたため、今回参加の運びとなった。

夜会は20時スタートであるが、高速バスに乗って14時には現地入りしていた。

理由は次の日の飲み会の日が誕生日の人がいるためそのプレゼントを買うためである。

なんばのマルイへ行くとバレンタインフェアをやっており、メンズの靴下や下着、ハンカチ、財布などが通常より安く売られていた。

服の類は私のセンスで選ぶとまずいかなと思い、靴下とタオルのつめあわせをバーバリーで買った。

2012020517300000.jpg

ちょうどサービスできれいに包装してくれるそうなので、お願いすると、若い店員さんに、

「バレンタイン用ですか?」

と聞かれた。

一瞬意味がわからず、

「友人の誕生日プレゼントで・・・」

と答えると、店員さんも納得した様子であった。

言わなければ伝わらないものなのだろうか・・・。

他にも自分用にベルトとかを買っていた男性もいたというのに・・・。

やはり包装サービスを頼んだのがまずかったのだろうか・・・。

その後ホテルに帰って夕食を食べ、会場に向かう。

2012020519320000.jpg


東京公演と同じく若者の姿は皆無であった。

2012020519310000.jpg


チケットをいただいた大学教授をみつけ、会場に入る。

開演まではまだ時間があるので、夜会カクテルを飲むことになった。

中島みゆきの夜会は「大人の会」ということで、会場にバーが設置されている。

2012020519360000.jpg

そこではビールやワインを含め様々な酒が提供されている。

今回私は、夜会限定のカクテル、「ジャスミン」と「2/2」と を飲んだ。

一杯1000円だが、まあそれはいい。

一杯のジャスミンはかなり甘口である。

2012020519370000.jpg

見た目はシャンパンのようだが、かなり甘かった。

私的にはおいしかったが、甘いワインが苦手な方にはこちらよりも「2/2」の方を飲むことをおすすめする。

「2/2」の方は、見た目はポスターの如く淡いピンク色であるが(画像は光の関係で黄色っぽくなってしまっているが)、甘くはない。

2012020519480000.jpg


こちらもおいしかった。

なおグッズについては東京公演で一通り買ったので今回は特になにも買わなかった。

そうこうするうちに開演時間となり着席する。

「携帯電話の電源をお切りください」という主旨の中島みゆき本人の可愛らしい声が流れ、いよいよ夜会がはじまった。

これから観に行く人がいるといけないので、ネタバレ的なことは避けて感想を書いておく。

まず、東京公演の時と比べて音がよかったと思う。

これは一緒に行った大学教授もそう言っていたからおそらく間違いない。

相変わらず中島みゆき演じる上田莉花と「霊?」の鏡を隔てた演技のシンクロぶりは見事であった。

ラストシーンも相変わらず感動的であり、終わったあと泣いている人もいた。

終了後には立ち上がって声援を送っている人も何人かいた。

12月に東京公演に行ったときはみかけなかった光景である。

やはり初日ということが大きいのだろうか。

そうそう、中島みゆきの夜会では中高年の方々が多いこともあって、開演前や中休みにはあれこれと作品の解釈や演技の批評などを行う光景が結構みられる。

若者が多いライブではあまりみられない光景である。

その後、後方にいた演出家の人にお礼をいって(この先生とは知り合いらしい)、会場をあとにした。

興奮さめあがらぬ中、梅田のワインバーで飲み会。

メニューに寿司があったので結構食べた。20貫くらい食べたのではなかろうか。

白ワインもおいしく、次の日も飲み会があるが、気にせず飲んでしまった。

この時の話の内容は個人名がたくさんでてくるためここで詳細を書くことはできないが、楽しく飲んだ。

結局2時頃まで飲んでホテルに戻り、明日(今日)に備えてさっさと寝ることにしたのであった。

新宿での飲み会の話はまた次回書くことにする。

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

中島みゆき夜会「2/2」再び

中島みゆきの夜会「2/2」に再び参戦することになった。

大阪公演の初日(5日)に参戦する。

なかなかチケットがとれないわけだが、今回高等教育関係で親しくなった教授からチケットをいただいた。

以前の記事で触れた通り私は12月に東京公演の方も鑑賞しているため2度目となるが、楽しみにしている。

チケットをくださった先生曰く、「初日の緊張感を楽しんでほしい」とのこと。

当日が楽しみである。

ちなみに6日は新宿で飲む予定があるため、5日は大阪で泊まり、東京へ向かう予定である。

少し羽をのばす機会としたい。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

約2ヶ月ぶりのカラオケ

31日に卒業論文を提出したあとカラオケに行ってきた。

突発性難聴なのに・・・と思われるかもしれないが、数値が「安定」したのでとくに問題はない。

とはいえ、音量を大きくしすぎないようにとかあまりにも長時間やらないようにといった一定の配慮はしている。

ひさしぶりのカラオケであり、声が出ないだろうと予想していたが、卒業論文提出の開放感と2ヶ月カラオケ行けなかったうっぷんがたまっていたのか思いのほか調子はよかった。

例の如く採点機能を使ったが、総じて普段よりかなりよかったと思う。

特に意味もなくベスト5を挙げておこう。


1位 Lia「夏影」

2012013112480000.jpg

2位 浜崎あゆみ「Dearest」
2012013115420000.jpg

3位 保志総一朗「TOMORROW」
2012013115480000.jpg

4位 Lia「青空」
2012013117400000.jpg

5位 浜崎あゆみ「A song is born」

2012013115150000.jpg


なお現在は西野カナの曲を練習している。

女性の曲を男性が歌う時点で聞いている人に違和感を与えることは間違いないが、せめて大部分の人を不快に感じさせないレベルにはもっていきたいところである。

※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

ツイッターをはじめた。

卒業論文を無事提出したということで、ツイッターをはじめることにした。

このブログからもみることができる。

友人たちが私のブログ「誰も真似したいとは思わない世界」を略して「ダレマネ」と言っていたので、ツイッターのアカウントに使わせていただいた。

あまりプライベート情報のたれ流し的なことをするつもりはないが、100キロウォークの時は実況中継する予定である。


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。