誰も真似したいとは思わない世界 | セーラービーナスのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーラービーナスのこと

ちょっと参照したい本があったので院生室から研究室に行ってみると、後輩達がセーラームーンの話で盛り上がっていた。

下敷きかなにかを見ながらキャラクターのエピソードなどを語っていたのであるが、私は最初彼女らの言動を気にもとめてはいなかった。

お目当ての本を探し出し、院生室に戻ろうと彼女らの後ろを通ったとき『昔そんなアニメもあったなあ』というある種の懐かしさもあってちょっとその下敷きを見ていると、後輩にセーラームーンを知っているのかと聞かれ、『20年位前に流行っていた気がする』とこたえた。

セーラームーンの変身後の名前は惑星の名前がついていることが多いから(初期だけなのかな?)、一応名前は想像がつくのであるが、変身前の名前などはさっぱりわからない。

そのため後輩に「月野うさぎがこのセーラームーンで、水野亜美がこのセーラーマーキュリーで・・・」と教えてもらっていたのだが、その時私はふいに「セーラービーナスはどれか?」と彼女に問うた。

彼女は「これです」と指差す先をみた私は「この人がねえ・・・」と若干感慨深い気持ちになった。

あまりにも突然だったから若干不審に思ったかもしれない。

あるいは美少女オタクではないかと思われたかもしれない。

その場で彼女に説明するのも面倒だったが、かといって誤解を招いてもいけないので簡単に思い出話を語っておいた。

今回はその話を記事にしてみたいと思う。

正直言って私はセーラームーンのストーリーをよく知らない。

初期のキャラクターなら画像を見れば一応「いた」ことは認識できるが、正確な名前などは覚えていない。

これは忘れてしまったのではなく、はじめから記憶していないのだと思う。

ではなぜ「セーラービーナス」の名前が咄嗟にでてきたのかといえば、約20年ほど前に遡って説明を加えなければならない。

当時の私は保育園児であった。

あまり記憶はないが外で元気に遊ぶ一般的な保育園児であったと思う。

しかし、毎日外で遊べるかといったらそうとは限らない。

雨の日は勿論、晴れていても何らかの事情で「今日は教室で遊びましょう」という日もある。

そんな時何をして遊ぶか。

外で遊ぶ時と違い男女一緒に遊ぶことが多かったから、本を読んだりおままごとをしたりすることもあっただろうけど、当時はセーラームーンごっこが大流行であった。

セーラームーンで男キャラといえばタキシード仮面くらいしかいない。

当然男の子の間でその役の争奪戦となるが、じゃんけんで勝てる確率はそう高くない。

私もその役をやった記憶はあまりないが、なぜかセーラービーナス役をやっていた記憶が残っている。

女の子に聞いて変身のポーズまで完璧であったはずである(笑)

しかし、当時はパソコンもそれほど普及していなかったから気軽に調べることもできず、姿も知らない「セーラービーナス」を演じていたことになる。

実家には当時の写真が引き伸ばされたもの中にそのような写真が残っているが、恐らく両親は○○レンジャーの真似をしているとでも思っているのだろう。

とはいえこの手のブームは一過性のものであり、幼稚園にあがるころにはもうその手の遊びはやらなくなっていた。

したがってその後セーラービーナスが何者であるかなど考えることは全くなかったのであるが、約20年後の今になって思わぬ形で現物を知ることになったわけである。

ただし、wikipedia等でキャラクターの詳細な設定を参照する限り、どうもこのキャラクターが好きで演じていたとは思えない。

今回の件で当時の私について何かがわかったということではないが、とりあえずあのころは純粋だったなあというエピソードを発掘することだけはできた。

まあ、だからなんだって話なんだけどね(笑)


※ランキングに登録しているのでクリック・投票よろしくお願いします。




ブログ王


人気ブログランキングへ

ブログランキング


にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。